【3D】 花降らし
播放:450
弹幕:0
投食:5
喜欢:6
发布于:2019-01-25 09:50
歌手:pazi

作曲 : ナブナ
作词 : ナブナ
花びらが宙に浮いた
花瓣飘浮空中
舞った一足のサンダル
起舞的一双凉鞋
身体ごと宙に浮いて
我的身体亦一同飘浮空中
飛んでしまえたら私は
就此飞舞

はらはらはら
飘散落下
一人で踊ってるだけ
我独自起舞
ただそれだけだ
不过就是如此而已

春先の空気が澄んでいたから、赤いサンダルを履いて
因为初春的天气十分清爽,所以就穿起红色的凉鞋
出かけた先のあの並木のことはあなたから聞いていた
在要去的地方的那些路旁树从你那里听来
桜が並ぶらしい
好像是成列的樱花树吧
顔を伏せるように歩く人が多いから嫌になって
路上许多低着头走路的人所以感到讨厌
そしたら飛んでいた桜が切に愉快に見えたから
那样看起来飞舞的樱花看起来令人由心感到愉快
この道で踊ってやろうと思った
不禁想要在这路上起舞呢

タッタラタ、ラッタッタ
哒哒啦哒,啦哒哒
足を運ぶ
一直走着
タッタラタ、ラッタッタ
哒哒啦哒,啦哒哒
音を鳴らす
呜响声音
タッタラタ、ラッタッタ
哒哒啦哒,啦哒哒
春を踊るのさ、桜の下で
起舞于春日之中,樱花之下
花びらが宙に浮いた
花瓣飘浮空中
舞った一足のサンダル
起舞的一双凉鞋
身体ごと宙に浮いて
我的身体亦一同飘浮空中
飛んでしまえたら私は
就此飞舞
はらはらはら
飘散落下
一人で踊ってるだけ
我独自起舞
ただそれだけだ
不过就是如此而已

並木を抜けるほど歩く人の
对急步走过路边树的路人们
冷めた視線も気にならなくなる
所投以的冰冷视线毫不在意
足がもつれても、髪が解けても何か楽しかった
即使双腿不听使唤,即使头发解开了却不禁感到高兴
背を曲げて生きてる私じゃないみたいだ
就好像不再是那个屈身而活的自己似的

花びらの落ち方にだって
即便是花瓣落下的模样
あなたとの思い出が溢れる
亦充满着与你一起的回忆
うるさいくらいに私を覆うそれを、
「令人烦厌那般掩盖着我的那物,
あなたに教えないと
我是不会告诉你的」

あなたの葬式を見た
看到了你的葬礼
なんてことのないアイロニー
有种不足为道的讽刺
形だけ何か述べて通り過ぎ行く
只是形式上记述着些什么就走过了
あぁ、私は
啊啊,我
はらはらはら
扑簌泪下
一人俯いてるだけ、ただそれだけだ
独自低着头,不过就是如此而已
花びらが宙に浮いた
花瓣飘浮空中
舞った一足のサンダル
起舞的一双凉鞋
貴方ごと宙に消えて
你亦随之
行ってしまえたら私は
消逝于空中的话
はらはらはら
飘散落下
一人で踊ってるだけ
我独自起舞
式日を背に
不论日子
一人俯いてるだけ
独自垂首
ただそれだけだ
不过就是如此而已